人事労務ニュース
人事労務ニュース

文書作成日:2018/05/08

外国人留学生を採用・就労させる際の留意点

 人材不足が深刻化するなか、外国人留学生をアルバイトとして積極的に採用する企業が多くありますが、外国人留学生は日本の学校で勉強することを目的として滞在しており、就労させるためには、必要な手続きやルールがあります。そこで今回は、外国人留学生を採用・就労させる際の留意点についてとり上げます。

1.外国人留学生の資格外活動許可と採用する際の留意点
 外国人が日本に滞在するためには、就労等の目的に応じた在留資格を取得することが必要となり、外国人留学生が保有する在留資格は「留学」となります。この在留資格は元々、就労が認められていないため、就労するためには入国管理局で資格外活動の許可を受ける必要があります。
 外国人留学生を採用する際には、事前に資格外活動の許可を受けていることを示す資格外活動許可書や、在留カードの裏面にある資格外活動許可欄に許可されている旨の表示があるかを確認する必要があります。

2.就労させる際の留意点
 資格外活動の許可を受けていても、外国人留学生が就労することができるのは、1週について28時間以内と定められています。この28時間は時間外労働も含めたすべての労働時間であり、2か所以上で就労する場合には、それぞれの労働時間が通算されます。
 なお、学校の長期休暇等の期間については特例があり、1日8時間以内かつ1週40時間まで就労が認められます。また、36協定を締結しているときには、法定を超える時間外労働や休日労働も認められます。
 その他、資格外活動の許可を受けていたとしても、以下に関連する就労はさせることができません。

(1)風俗営業もしくは店舗型性風俗特殊営業が営まれている営業所において行うもの
(2)無店舗型性風俗特殊営業
(3)映像送信型性風俗特殊営業
(4)店舗型電話異性紹介営業もしくは無店舗型電話異性紹介営業

 外国人留学生特有のルールや決まりを知らずに就労させることで、不法就労を助長したとして企業に罰則が適用されるケースや、在留資格の更新が認められず、外国人留学生が強制退去となることもあります。外国人留学生を採用する際には、事前に資格外活動の許可を確認すると共に、運用面でも労働時間を中心にしっかりとした管理が必要になります。

■参考リンク
入国管理局「資格外活動の許可」


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。


 トップ

 事務所案内

 サービス案内
   労働トラブルへの対策・解決
   就業規則・各種規程の作成
  労働・社会保険関係手続
   各種コンサルティング
  ├ 採用コンサルティング
  ├ 人事制度構築
  ├ 働き方改革支援
   適性診断等
 
    
 料金表

セミナー情報

 人事労務ニュース

 総務担当者のための今月の
お仕事カレンダー


 旬の特集

 人事労務管理のお役立ち情報
   基礎講座
   基本書式集
   用語集
   リーフレット集

  リンク集
お問合せ
社会保険労務士法人ジャスティス
〒737-0935
広島県呉市焼山中央1丁目1-10
TAKAMATSU BLD 2F
TEL:0823-30-3012
FAX:0823-30-3021
メールでのお問合せ


Mykomonログイン
会員専用ページログイン



働き方改革アカデミー広島校
  働き方改革アカデミー 広島校


ROBINS確認者
経営労務診断サービス


facebook
社会保険労務士法人ジャスティス facebookページ


社会保険労務士個人情報保護事務所

働き方改革実践企業



スタッフ募集バナー
求人情報